DAIKING

人生、それは日々の積み重ね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海への賛歌 vol.28 ~ピカチュウと呼ばれるウミウシ~

d-28-udehuritunozayaumiusi.jpg

ウデフリツノザヤウミウシ 裸鰓目ドーリス亜目フジタウミウシ科 約3センチ
ポイント名 和歌山県田辺沖「ミサチ」
カメラ:オリンパス c-3040ZOOM レンズ:INON UCL-330 x2 ライト: HID UK LIGHT CANNON 100
ストロボ発光禁止 マニュアルモード撮影 f:3.2 ss:1/60


 みなさまこんにちは、ご機嫌いかがですか? ここ和歌山では梅も咲き始め、気温もぐっと上がり、春の息吹があちらこちらで感じられる季節となりました。そんな陸上とは違い、海の中は残念ながらまだあいかわらず冷たいのですが、この時期は浮遊物が少なく、透明度がすごく良いので、寒ささえなんとかすればある意味ベストシーズンと呼んでもさしつかえないくらいなんですよ。生物層も水温の低下とともに少なくなるのかと思いきや、この時期ならではの珍種が続出状態で、冷たさもなんのその、私はあいかわらずウエットスーツでがんがん潜っとりますよー。

 さて、水中生物の中には、ダイバーのアイドルと呼ばれる人気生物がいくつかありまして、今日ご紹介させていただくウミウシは、まさにウミウシ界のアイドルであり、その名をウデフリツノザヤウミウシと申します。ご覧のように、とても愛嬌のある形と色をしており、これを見て「気持ち悪い」とか「かわいくない」などという言葉はまずでてこないであろうと思われ、そこがアイドルになれる所以でもあるわけです。そして、誰がつけたのか、テレビアニメでおなじみの「ポケットモンスター」に出てくる「ピカチュウ」によく似ていることから、いつしかダイバーの間では「ピカチュウウミウシ」「ピカチュー」などと呼ばれるようになってしまいました。

 偏屈者の私としては、最初どうもこのウミウシをみんなのように「ピなんとか」と素直には呼べず、ひたすら正式和名を貫いておりましたが、なにせ長ったらしい名前と、圧倒的多数の周りの勢いに下ってしまい、今では海からあがった瞬間、「今日はピカチュウ3匹ゲットだぜー」などと、アニメ「ポケモン」の主人公が新しいモンスターを手に入れた時に叫ぶセリフを連発する始末で(テレビを見てると結構はまってしまいました~)、ほんと能天気な自分につくずく嫌気がさしてしまう今日この頃です。(2002年2月)


人気ブログランキングへ 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/28(土) 14:51:01|
  2. 海への讃歌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<海への賛歌 vol.29 ~遠くを望む~ | ホーム | 海への賛歌 vol.27 ~ポンペイ特別編、その2~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umienosanka.blog20.fc2.com/tb.php/87-55fc5bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

中野大樹

Author:中野大樹
情熱の炎を燃やし続ける事、
それこそが日々を生き抜く糧。

職業:水中ガイド&百姓

カテゴリ

オオカワリギンチャク (33)
みなべ・田辺の海 photo (162)
みなべ・田辺の海 movie (12)
畑とウチゴハン (214)
ソトゴハン (20)
海への讃歌 (50)
須江の海 photo (21)
柏島の海 photo (10)
セブの海 photo (3)
鉄 (9)
息子 (145)
ひとりごと (46)
陸あそび (22)
未分類 (0)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。